TOP

私が集めた風俗の豆知識を体験談も合わせてご紹介させていただくサイトです。結構使える情報もあると思うのでご覧ください。

セクキャバとキャバクラの大きな違いは女の子に「触れるか」「触れないか」コレに尽きます。

セクキャバとキャバクラの大きな違いは女の子に「触れるか」「触れないか」コレに尽きます。セクキャバとはセクシーキャバクラの略で、通常のキャバクラとほぼシステムは同じで法の区切りとしてもキャバクラと同じとなっています。キャバクラとの大きな違いは接客方法と、サービスタイムがある事ではないでしょうか?セクキャバでは、女の子は半裸に近い薄着、または下着姿、コスプレなども現在ではあるようです。基本、女の子の体に触る事ができ女の子さえ拒否しなければキス(ただし女の子にお金を払う)や下半身を触ることも出来ます。これは、暗黙の了解のようで女の子から拒否の申告が無い限りお店側も見てみぬ振りをしています。逆に女の子に下半身やアレをさすって貰ったりすることも可能です。ただし、キャバクラの区切りである以上ヌキ行為、性行為などは一切できません。違反行為が出来ないようにガタイの良いボーイのお兄さんが常に見張っています。ある種、生殺し状態で終了するため、セクキャバの後にソープに行くお客も多いそうです。


セクキャバとキャバクラの違いですが、キャバクラというのは基本的に女の子と楽しくお酒を飲んで過ごす場所です。

セクキャバとキャバクラの違いですが、キャバクラというのは基本的に女の子と楽しくお酒を飲んで過ごす場所です。ただそれだけです。一方のセクキャバは女の子と楽しくお酒を飲んで過ごすところはキャバクラと一緒ですが、それにプラスして女の子とキスしたり胸を揉んだりということがでる風俗店です。キャバクラではそれはできませんから、注意しましょう。お店にもよりますが、下半身までOKというところもあります。お触りOKだからといって下半身NGのお店でそんなことをしたらお店を追い出されてしまいますから、入店の際にサービス内容を確認しておくことも必要でしょう。席についてくれた女の子にサービス内容を聞くこともできますが、女の子の気分次第では下半身OKな店でもNGと言われてしまうこともありますから、そこは女の子ではなくお店に確認をする方がいいでしょう。女の子と楽しく会話しながら飲む場所がキャバクラ、女の子の体を触って楽しむのがセクキャバという違いがありますのでくれぐれも間違えないように憶えておきましょう。とはいえ、そう間違える人も滅多にいませんので心配することはないでしょう。



デリヘルのマナーは、「困らせる行為をしない」事が重要だと思います。

デリヘルのマナーは、「困らせる行為をしない」事が重要だと思います。女の子もお仕事としてデリヘルで働いていますから、丁寧なサービスを心がけてくれるでしょう。しかしサービスを受ける側の人間がぞんざいな態度や口調であれば、女の子も委縮してしまったり頭にきてしまう事もあります。人間ですからね。まず最初に気を付けるのは態度や言葉使いに気を付けること。一緒に楽しめるような心遣いが大切でしょう。次に、迷惑行為の代表格でもある隠し撮りです。撮影自体は有料のオプションとしてありますので、どうしても写真が撮りたければ有料オプションを頼むことをお勧めします。隠し撮りは、インターネットや携帯の普及に伴って流出の危険性が大いにあります。男はまだいいとしても、風俗で働いている女性の中には友人や知人、家族に知られたくない人も多くいるでしょう。そういった方を世間的におとしめてしまう、困らせてしまう事もあることを肝に銘じなければいけません。双方ともに気持ちよく楽しめる為のマナーです。最低限の事は必ず守るようにしましょう。 それとお得な裏情報ですが、最近スマホで「新宿デリヘル」や「渋谷デリヘル」で検索するとデリヘルの優良店ランキングが載っている駅ちかというサイトがでてきます。このデリヘル情報サイトから予約をするとちょっぴり割引にもなるみたい。他にも風俗情報の掲載しているサイトはたくさんあるけど、すぐに予約もできるしデリヘル店で迷った時はランキングを見ながら選ぶのもありです。もちろん、マナーを守って楽しみましょうね!